表計算の操作

はじめに

ここでは スクリーンリーダーを利用して 各表計算ソフト(エクセル)の操作方法を説明します。

ExcelとはMicrosoft Officeのアプリケーションソフトの1つで 表計算やグラフ化ができ 関数入力もできるソフトです。
データを蓄積して活用するための機能も充実しているため データベースを扱うためのソフトウェアとして用いることも可能です。

表計算ソフトとは 数値データの集計や分析などを行うソフトウェアの総称で スプレッドシートとも言います。

表計算ソフトでは 集計用紙のように縦横に並んだマス目(セル)に文字や数値を入力し そのデータを元に関数入力や数値計算や集計 グラフ作成などの作業を行うことができます。

目次

1. PCトーカーとマイクロソフトエクセル2010
2. PCトーカーとマイクロソフトワード2013

 

視覚Wikiトップページへ戻る