PCトーカXPとスカイプ4.2

誰かと話しているときに別のユーザーが呼び出しをかけてくる場合、はじめに話していたユーザーを保留にして、新たなユーザーと会話することができます。先ほどの、skype本体のウィンドウから呼び出しに応答で説明した方法を使うと、はじめに話していた相手が自動的に保留状態になり、新たな相手と会話することができます。(注意として、自分が会議通話の主催者である場合、この方法で応答しますと、元の会議通話に参加している方々は、主催者自身はもちろんですが会議に参加している人同士もお互いおしゃべりできなくなってしまうことを忘れてはいけません。)Alt+数字の1でコンタクトリストに移動してからShift+Tabを1度か2度入力した領域には、はじめに話していたユーザーのほかに、新たにかけてきたユーザーが表示されていますので、そのユーザーにカーソルを合わせてからアプリケーションキーを押し、応答を矢印キーで選ぶところがポイントになります。 誰かと話しているときにさらに呼び出しがあるときには、その相手が会議通話であれば、必ず新たなウィンドウが開いてきます。そのため、ただいま説明した方法のほかに、かけてきたユーザーのウィンドウを見つけて応答、という項目で説明した手順で応答することもできます。はじめに話していた相手が自動的に保留状態になり、新たな相手と会話することができます。保留した元の通話に戻るときには、skype本体の画面からの場合、Alt+1を押した画面からShift+Tabを2回押したところにある会話の領域から元のユーザーまたは元の会議通話を選びアプリケーションキーを押します。メニューの中から、通話の再開、を選んでEnterキーを押します。これではじめに話していたユーザーとの会話に戻ります。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:33 (527d)