PCトーカXPとスカイプ4.2

次に、コンタクトの追加要求を受けた側の操作手順を書きます。受け取る側のパソコンでskype4.2を開いておくと、コンタクトの追加要求があったことを知らせる音が鳴ります。このときにskype4.2の画面上でAlt+数字の1を押し、コンタクトリストにカーソルを移動しておきます(ここは、Alt+数字の2や、Alt+数字の3などの操作でもいいですが、Alt+数字の2の場合、少し項目が変わります)。ここからTabキーを1度押すと、閉じるの確認、という音声が聞こえます。もう1度Tabキーを押しますと、新規通知の確認という音声が聞こえます(Alt+数字の2で会話リストに移動した場合は、Tabキーで、コンタクト、閉じる、履歴の表示、閉じる、新規通知の準、または、閉じる、履歴の表示、閉じる、新規通知の順)。ここでSpaceキーまたはEnterキーを押しますと、通知、というタイトルがついた新しいウィンドウが開き、このユーザーはあなたと連絡を取ることを希望しています 今日11:09、などのように、コンタクト要求があったこととその時刻などを自動的に読み上げて知らせてきます。 Tabキーを押しますと、コンタクトの追加の確認、という項目がありますので、ここでSpaceキーまたはEnterキーを押します。これで、自分のコンタクトに相手のskypeコンタクトを追加することができました。注意ですが、ここではPC-Talkerは、古いバージョンのskypeと違い追加を要求してきたユーザーの名前を読み上げてくれません。そのため別項目で書きました、プロフィールの表示を使い、名前を確かめる必要があります。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:47 (618d)