PCトーカXPとスカイプ4.2

取り込み中表示であった場合はもちろん、skypeから離れているときに、チャットや呼び出しを受けるケースがあると思います。そばにいないため気がつかないことがありますが、先ほどの、skype本体画面のタイトルバーの読み上げ、Ctrl+Alt+数字の1で、未確認のアクセスがあったことを知ることになると思います。では、誰からのアクセスなのかを確かめるには、Alt+数字の2を押しまして、会話リストを表示します。ここにはたくさんのチャットや会話の履歴が並んでいますが、末尾に数字のついたものを探します。たとえば、高橋洋子 1 オンライン、などと表示されています。この場合の数字、1ですが、これは、チャットまたは呼び出しを1度受けているという意味になるようです。2や3、4という数字になることもあります。そのまま呼び出しを実行してあげたりチャットを送ってあげたりしますと、この数字は消えます。チャットや呼び出しをする必要がなく、数字だけ消したいということもありますが、そのときには、今の例でいけば、高橋洋子 1 オンライン、というユーザーの上でアプリケーションキーを押してメニューを出し、上下矢印キーで、既読にする、という項目を見つけてEnterキーを押します。オンライン状態を取り込み注にしていたりSkypeから離れていたりするときに複数の相手からチャットや呼び出しを受けて答えられなかったときには、こういう数字がついた項目が、会話リストの中に複数存在することもあります。会話リストでは、上に行くほど新しい会話になりますので、Homeキーを押して一番上から項目を確かめるのがよいと思います。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:35 (618d)