PCトーカXPとスカイプ4.2

新しいskype4.2では、応答のやり方が違います 以前のskype3.8までのように、応答するときにAltキーを押し、発信メニューを選んで、その中の応答という項目に入ろうとしても、項目が無効になっていて操作できないことがあります。Skype4.2の場合、応答するときには、まず表示されているウィンドウに注目しなければなりません。Skype本体の画面だけで操作できる場合もありますし、かけてくる相手によって、Skype本体のウィンドウのほかに、呼び出しをかけてきたユーザーのウィンドウが開いて来る場合があります。どちらのウィンドウから応答するかによって、操作が違ってしまいます。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:30 (527d)