PCトーカXPとスカイプ4.2

こちらで起きていた現象ですが、skype4.2を起動すると必ず、便利なヒントというウィンドウが出てきて困ったことがあります。このとき、便利なヒントというウィンドウの上でEnterキーを押すと、必ずそのウィンドウは閉じるのですけれど、その後、skypeのショートカットキーの設定画面が出てきました。 その画面もキャンセルすれば閉じるのですが、いつも必ずこれを行ってからでなければskypeが使えないのでした。 Skypeのショートカットキーを割り当てるときに、以前のskypeではwindowsキーも使用できていましたが、新しいバージョンでは使えないように仕様が変更されました。そのため、以前にWindowsキーを使ったショートカットを設定していた場合には、このように知らせてくるのではないかと思われます。画面を確かめることができませんので想像で書いています。 Skypeの便利なショートカットキーについては別項目で書いてみます。 Bouyomichanというソフトをご存じでしょうか。このソフトを起動すると、skype上でオンラインになったメンバーやオフラインになったメンバーなどを随時読み上げることができます。コンタクトリスト上に表示されている各メンバーのムードメッセージが新しく変更されたときも、その内容を読み上げます。チャットが届いたときも、その内容を読み上げますし、誰かからskypeで呼び出しを受けたときも、誰からの着信かを読み上げてくれます。このソフトを、skypeを立ち上げてから起動しますと、初回起動時に、skypeの、便利なヒント、というウィンドウが開きます。 ここでは、bouyomichanがskypeにアクセスすることを許可するかしないかを尋ねてきています。 Tabキーで、許可するかしないかのどちらかを選んでEnterキーを押せば、その後、skypeの便利なヒントという画面は、出てこなくなります。 Bouyomichanの場合、許可するを選べば、その後コンタクトリストのメンバーの状態変化などを読み上げるようになりますし、許可しないを選べば、bouyomichanの機能は働きません。 このように、skypeの便利なヒントというウィンドウは、様々な局面で開いてくるようです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:45 (616d)