PCトーカXPとスカイプ4.2

この手順は、skype4.2をコンパクトモードで行ってみました。また、こちらの環境ではうまく行きましたが、どのパソコンでも同じようにうまく行くかどうか、やってみなければわかりません。まず、Alt+Tabなどでウィンドウを切り替え、自分が主催している会議通話のグループウィンドウを出します。次に、PC-Talkerをマウスモードにします。テンキーは、ナムロックオンにします。Ctrl+Alt+_を押して、マウスカーソルを読む、という状態にしておきます。Ctrl+Alt+Homeをマウス、と読み上げるまで押していきます。次に、Ctrl+テンキー5を押して、分割マウスカーソル中央、と読み上げるのを確認します。ここからテンキー8を押してい区と、マウスが少しずつ上に移動します。100回以上も押さなければならない場合があります。そして、参加者と読み上げるところまで押して行きます。参加者が3人以上いるときには、ここでどんどんテンキー8を押していくと、次々にメンバーが読み上げられると思いますので、目的のメンバーの上でテンキー9を押します。これは、アプリケーションキーを押したときと同じメニューが出るのですが、メニューが開いたことを知らせる音声はありません。参加者が二人の場合は、メンバーが左右に並んでいますので、参加者、という音声が聞こえたところからテンキー8を10回前後押したところで、左に何10回か押して移動したり、右に何10回か移動してみたりなどして、目的のユーザーを探します。メニューが開いたら上下矢印キーで、コンタクトに追加、という項目を選んでEnterキーを押します。(相手のskype ID)に声をかける、というウィンドウが開きます。自己紹介入力欄にカーソルがありますので書きたいことがあれば入力します。何も書かなくても認証の要求を送ることはできます。この入力欄は日本語変換は音声ガイドされるものの、確定済みの文字をカーソルキーで一文字ずつ確かめることができないため、書き込んだメッセージを手直しすることができません。Tabキーを1度押しますと、OKの確認と読み上げますので、ここでSpaceキーまたはEnterキーを押しますとコンタクトの追加要求を送る作業が終わり、(相手のskype ID)に声をかける、というウィンドウは閉じます。 チャットの送受信 チャットは、skypeでおしゃべりをしているときでも、誰ともおしゃべりしていないときでも、いつでも送受信することができます。相手がskypeを立ち上げていないときにでもチャットを送ることができますが、相手も自分もskypeを立ち上げていなければ相手に届きません。Skypeを立ち上げて、ネットに接続さえいれば、オンライン表示を隠していても届くはずですが、届かないこともあるようです。相手がオンライン表示になっているときに送れば、送る側の自分がオンラインを隠していてもほとんど必ず届くようです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:31 (528d)