PCトーカXPとスカイプ4.2

この方法は、送る相手のログイン状態を確かめながらファイル送信ができる点がとても便利です。ただし、今おしゃべりしている相手にファイルを送ろうとしても、コンタクトリストからそのメンバーが消えていて、送れないことがあります。こういうときには残念ながらこの方法は使えません。では、Alt+数字の1を押してコンタクトリストに移動します。現在おしゃべりしている相手以外の、コンタクトリストに表示されているメンバーの中で、ファイルを送りたい相手にカーソルを合わせてアプリケーションキーを押します。そして表示されたメニューから上下矢印キーを利用して、ファイルの送信、を選びます。ファイルを選ぶダイヤログが開いてきますので送りたいファイルを選びます。ここでは、複数のファイルをまとめて送ることもできます。まとめて送りたいファイルを一つのフォルダにまとめておき、すべて選択しておきます。または、同じフォルダ内であれば、最初に選択するファイルの上でCtrlキーを押し、Ctrlきーは放さず、二つ目以降のファイルの上でSpaceキーを押していく方法を使えば、隣り合っていない複数のファイル選択ができます。Windows標準のファイルダイヤログですので、いつものように選ぶことができるはずです。選びましたら、Tabキーで開くまで行き、Enterキーを押します。これで送信作業は終わりですけれど、作業終了後には、送信した相手のウィンドウが開きます。ここでは、Tabキーを押していきますと、チャットの表示領域があり、次のユーザからのメッセージを表示: 昨日 7日間 30日間 3ヶ月 6ヶ月 1年 最初から 、という読み上げがあるはずです。ここで下矢印キーを押して、チャット内容を読みますと、送信した自刻と、送信した自分のハンドルネーム、送信したファイル名、を送信しました、と読み上げる項目がありますので、送信操作ができていることがわかります。大きなファイルを送信しているときには、ファイルがどれくらい送信されているかということが気になったりするのですが、それを読み上げてくれるコマンドはPC-Talkerにはありません。ただ、ファイルの送信が続いていることは、ここからTabキーを2度押しますと、キャンセルという読み上げがあることから確かめられると思います。ファイル送信が終了すると、キャンセル、という項目が消えますので、送信が完了したことがわかるのではないかと思います。正確に言えば、相手がファイルの受信をキャンセルしたときにも、こちら側の、キャンセル、という項目がなくなりますので、本当のところは受信が完了したのか、相手が受信をキャンセルしたのかよくわからないというのが正しいのですが。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:47 (618d)