PCトーカXPとスカイプ4.2

この項目は、プライバシー設定とは少し違いますけれど、プライバシーを守る観点に少し関係あるところもありますので、ここで取り上げてみます。SkypeでID交換をすると、相手のskypeに自分のskypeの状態が表示されます。その表示を見て、相手がこちらを呼び出したり、チャットを送信してきたりする参考にします。自分がskypeを立ち上げていて、誰かに呼び出してほしいと思っているときには、skypeをオンライン表示にしておきます。この操作は、skypeの本体画面から行います。Altキーを押して下矢印キーを押しますと、ログイン状態、と読み上げる項目があります。ここで右矢印キーを押して入りますと、上下矢印キーでログイン状態が選べるようになります。ここで、オンライン、という項目を選びましてEnterキーを押しますと、skypeの状態表示がオンラインになり、話す準備ができていることがネット上の全てのユーザーに伝わります。以前のskypeでは、このログイン状態の項目が読み上げられず、マニアックな設定操作をする必要がありました。今ではその必要がなく、普通に音声ガイドされます。以前にあった、一時退席中という項目と、skype Meという項目が、skype4以上ではなくなっています。ログイン状態の項目には、オンラインのほかに、退席中、ログイン状態を隠す、取り込み中、オフライン、通話転送を設定、という各項目がありますので、適宜選んで設定します。オンライン、という状態について付け加えます。デフォルトでは、オンライン状態にしてあっても、5分間キーボード操作が行われないと、自動的に退席中表示になります。何かキーを押しますと、すぐにオンライン表示に戻ります。取り込み中、という状態表示について付け加えます。この状態にすると、チャットが届いても、相手からの呼び出しがあっても音が鳴りませんので、画面が見えていなければ気がつかなくなります。画面上では、呼び出しを知らせる表示があったりチャットが開いたりなどしているようです。取り込み中を解除したところでチャットのウィンドウが開いていれば、チャットが来ていたことがわかります。呼び出しがあったかどうかについては気がつかない可能性があります。オンラインを隠す、という表示について付け加えます。この状態では、自分はskypeを立ち上げていてもオフライン表示として相手のコンタクトリストに表示されますが、呼び出しをしてきたユーザーがいるときには、呼び出し音が鳴り、応答することができます。通話転送を設定、という項目について付け加えます。この設定では、skypeから固定電話や携帯電話に電話がかけられる有料サービスなどへの契約が必要なため、無料で利用することができません。オフライン、という項目について付け加えます。オフラインに設定しますとskypeのウィンドウを開いていてもskypeをネットから切り離していますので、誰にかけることも、誰からかかってくることもありません。コンタクトリストのメンバーは一人も表示されません。コンタクトリストに会話やグループチャットを保存している場合には、保存している会話やグループチャットだけが表示された状態になります。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:36 (528d)