修理の最近の記事

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 連日の30度越えという暑さはちょっとだけ一段落した札幌です。明日以降はまた雨模様の予報ですが、気温もまた上がるようで、蒸し暑くなりそうです。

 

 以前お話をしましたWindows10の大型アップデート。このクリエイターズアップデートですが、ちらほらと案内が来たというお話を伺っております。

 

 Windows10では、以前のバージョンでいわれる「サービスパック」に相当する大型アップデートが、現状では年1回程度の頻度で行われています。

 

 コンピュータが得意な方であればご自身でアップデートされてみるのも良いかと思います。しかしながら、機械に自信が無い方は無理に作業されない方が無難かと思います。

 

 リトルスノーではクリエイターズアップデートへのアップデート作業の代行も行っております。更新に要する時間はかなりのものであるため、パソコンのお預かりによる作業となります。

 

 ただし、メーカーでクリエイターズアップデートに対応していない機種についてはアップデートを推奨いたしません。各種デバイスドライバなどが供給されていないため、アップデート後正常に動作しない場合があるためです。特に元々がWindows7やWindows8だったパソコンは要注意です。

 

 メーカーで対応していない機種についても受付はいたしますが、場合によっては正常な動作が難しい場合もございます。

 

 なお、クリエイターズアップデートを行うことで、元々調子の悪いWindowsの動作が改善するというものではございませんので、ご了承ください。

 

更新アシスタント画面4.jpg

※画像はクリエイターズアップデートが完了したときに表示される画面です。

 

 お預かり期間は、メンテナンスが集中している場合もございますので1週間程度を目安にお考えいただければと思います。

 

 ご質問、不明な点などございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 先日1台の作業用パソコンが起動しなくなり、原因を調べた結果、どうやらマザーボードが壊れたようで、別のパソコンを準備することになりました。

 

 ここで問題になるのは新しいパソコンでは使えない、ということです。なぜかと言いますと、古い周辺機器やソフトウェア用のパソコンだったのです。

 

 新しいWindowsで動くモデルがある場合はまだ良いのですが、その機器に変わる新しい製品が無かったりすると困りものです。

 

 そこで、一度退役していた別のパソコンを設定することにしました。

 

IMGP2394.jpg 

 

 WindowsXPのサポートが終了して久しいですが、ネットワークに繋がない環境であれば、今でも利用できます。

 

 現代社会においてインターネットに繋がないで使うのはちょっと難しいですよね。利用するソフトによってはインターネット回線が必須のものもあり、場合によっては起動すらしないものもあります。

 

 かといって、WindowsXPをインターネットにつなげて使うのはセキュリティ上問題があります。利用者のみならず、住所録などに登録しているお友達などにもご迷惑がかかる場合がありますので、利用しないようにしましょう。

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は日も照っており、日中の予想最高気温も0度なのでまずまず暖かいです。道は溶け気味ですが、現在開催中の札幌雪祭りの雪像はどうでしょうかね。

 

 さて、現在お客様よりマイリードでの読み取りが出来ないときがあるとのことで、パソコンとスキャナをお預かりしております。

 

IMGP2364.jpg

 

 原因は複数考えられます。Windows、高知システム開発のソフトウェア、スキャナドライバなどが最新版ではない場合や、利用されているUSBポートとの相性問題など。

 

 他には、どうしてもWindowsのバックグラウンドで何かプログラムが動いたりすることで、マイリードがアクティブではなくなってしまい、キー操作ができないということも考えられます。

 

 スキャナとパソコンの通信不良は、全く起こらないということは無いため、そのような場合は再度スキャナを接続し直したり、パソコンを再起動することで改善することがほとんどです。

 

 最近のスキャナはUSBから電源も供給する、バスパワータイプのものがありますので、そのようなスキャナをお使いで、USBハブ側にスキャナを刺して使っている場合、接続が不安定になることもあります。その場合は、ハブではなく、本体側のUSBポートを利用した方が良いかと思います。

 

 お預かりしたパソコンとスキャナは考え得る対策を施しつつ動作チェック中です。大変お待たせしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 朝方降っていた雪も現在は止みまして、日差しが照っている今日の札幌です。

 

 いつも弊社で取り扱っている日常生活用具や商品のお話を多くしておりますが、実は元々、リトルスノーはパソコンのサポートをしている会社です。

 

IMGP2348.jpg

 

 今回はWindowsが起動せず再起動を繰り返す症状のパソコンをお預かりし、修理しました。このような場合は、ソフトウェア上の問題だけではなく、ハードウェアの問題も考えられます。

 

 今回の個体は、メモリーとソフトウェア不具合が主な原因でした。ハードディスク自体の故障はなく、お客様のデーターも無事でしたので、ほぼ修理前の環境に戻ることが出来ました。

 

 近年の一体型パソコンや、タブレットパソコンの場合は特にそうですが、分解をすることでメーカーでの修理が今後受けられなくなる可能性があります。そういった場合や、汎用パーツ以外の交換が必要な場合などは、通常メーカーに依頼することもございます。

 

 メーカーの修理では、内部のデータについては保証されず、修理に出すことで出荷状態に戻ってしまう場合もございますが、Little Snowでは極力お使いの環境に戻すように努めております。

 

 HDDの物理的不良のためデータ抽出が出来ない場合は、弊社でもやむを得ず初期状態に戻さざる終えない場合もございます。ご了承ください。

 

 今回お預かりしたパソコンは、本日夕方納品いたします。もう少々お待ちくださいませ。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、Little Snowです。札幌も徐々に暖かくなりました。会社の周りでは雪もだいぶ溶けて無くなりましたよ。

 先日お客様より、コンピュータがおかしくなったと連絡がありまして、拝見させていただいたところ、元々Windows8の機械がWindows10になっておりました。

 そのままWindows10で使っていただこうと思ったのですが、普段お使いだったソフトが、ストアアプリ版のインターネットエクスプローラー。

 Windows10になって、Edgeが搭載された関係で、ストアアプリ版のインターネットエクスプローラーは、Windows8系のみという状態です。

 あまりコンピュータに詳しい方ではなかったので、操作方法がかなり変わってしまった場合扱えなくなってしまうので、Windows8.1へ戻す事にしました。

 Windows10になってしまってから、まだ1ヶ月経過していなかったので、元のWindowsに戻す事は可能ですが、正直元通りにならない事が良く起こります。もしかしたらそんな外ればかり引いているのかもしれませんが・・・。

 今回はとりあえず、Windows8.1へ戻る事は出来たのですが、すぐWindows10へアップグレードしようとしたり、ドライバ関連がおかしい状態になっていたりと、色々不具合が発生。

 しかも、復元ポイントは何も残っていないため、Windows10へアップグレードされる直前の状態よりも前の状態へ戻る事も出来ません。

 何とか普通に使えるようになりまして、無事お客様の元へ戻っていきました。

 今回のように、Windows10にアップグレードするつもりがないのに「アップグレードする」ボタンを押してしまい、ある日突然Windows10になってしまった、という事の内容に注意が必要ですね。

 しかしながら、困った事に思わず押してしまいそうな画面が出てしまうのが悩ましいところです。

windows8.jpg

※画像はWindows8.1のスタート画面です。本文とは関係ございません。ご了承ください。

ハードディスクの不具合。

| コメント(0)

 こんにちはLittle Snowです。今日の札幌は予想最高気温5度。暖かいです。

 お客様よりインターネットに繋がらなく経ったとの事で、ノートパソコンをお預かりしました。
 色々調べた結果、インターネットエクスプローラーが正常に起動出来ないという不具合でした。

 さらに色々調べてみると、Windows自体の動きがおかしいようで、きちんと直すならばパソコンを出荷状態に戻す作業が必要と感じました。

 そこで問題なのは、なぜWindows自体が大きく損傷しているのかという事です。さらに調べてみると、どうやらハードディスクに不具合があるようでした。

hdd.jpg


※画像はイメージです。

 ハードディスク自体に不具合がある場合、いくら出荷状態にデータを戻したところでコンピュータは正常に起動しなかったり、その場は動くようになってもすぐに調子が悪くなったりしてしまいます。

 この場合、ハードディスク交換をしなければならなくなり、料金も交換料、ハードディスク代が追加でかかる事になります。

 物理的にハードディスクが故障してしまいますと、お客様の大切なデータも場合によっては救出が難しくなる場合もございます。

 ハードディスクはとてもデリケートな部品です。最近普及してきたSSDも同じ事が言えます。

 もしもの時のために日頃から大切なデータはバックアップを取られる事をお薦めいたします。



お問い合わせフォームはこちら

USBポートの修理をしました。

| コメント(0)

 お客様から、ある電子機器のマイクロUSBポートがおかしくなったとの事で、お預かりしました。

IMGP1744.jpg


 中を見てみると、完全にUSBポートが脱落し、半田付けされていたパターンも剥がれてしまっておりました。

 マイクロUSBポート本体を固定し、パターンが剥がれたところはジャンパー線で生きているパターンの所まで伸ばして半田付けをしました。

 再度組み立てて充電されるかを確認したところ、充電が出来るようになりました。

 次に、この電子機器とデータ通信が出来るかも確認したところ無事に通信できました。

 本来ならば、メーカーでメイン基板交換となってしまうところでしたが、修理出来て良かったです。

 元々マイクロUSBは強度があまりないので、取扱は注意が必要です。ケーブルを繋げたまま落としてしまったりすると、今回のような事になりかねないですし、ケーブル脱着もラフに扱わないようにしなければなりませんね。

 無事に本日お客様の元へ帰っていきました。これからも大切にかわいがってあげてくださいね。

点検異常なしでした。

| コメント(0)

 お客様よりUSBポートの認識不具合でお預かりしたプレクストークリンクポケットですが、念のためメーカー修理を依頼してみたところ、異常なしとのことでした。


repair.jpg


 コンピュータのUSBポートによっては相性が考えられます。別のUSBポートに刺してみると認識する場合もございますので、納品時に試してみますね。

 ちなみにデスクトップパソコンで、前面パネルのUSBポートは、バスパワーで駆動するような機器ですと、電力不足で正常に認識しない場合がございます。USBメモリ等では消費電力が少なめなので、大抵問題無いのですが、ハードディスクや、DVDドライブなど電力が比較的必要な機器の場合は、パソコンの背面パネルにあるUSBポートを利用すると認識する事がございます。

 それでも認識しない場合は、機器によっては電源アダプタを利用することになる事もございますので、お試しください。

修理パソコン納品間近です。

| コメント(0)

 以前弊社でご購入いただきましたお客様のデスクトップパソコンですが、先日起動しなくなったということで、お預かりいたしました。

 原因はハードディスク不具合によるWindowsの損傷でした。ハードディスク交換、Windowsの再セットアップを行い、元のハードディスクに保存してあったドキュメントホルダのデータは一部抽出出来ませんでしたが、多くのデータ移行出来ました。

 パソコン内部に埃がかなりたまっていたので清掃もいたしました。後は最終点検をして、明日納品となります。お待たせしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

IMGP1678.jpg


 弊社ではパソコンの販売からメンテナンスも行っております。弊社で販売したパソコンではなくてもご相談ください。


 お問い合わせフォームはこちら

 お客様からの問い合わせで実際に何件かあった事例ですが、プレクストークPTR2でCD-Rに記録しようと、ディスクを入れたところ認識できず、しかも入れたディスクが取り出しも出来なくなるという症状があります。

 

 CD-Rをハードケース入りのものではなく、スピンドルで購入されている場合、気をつけていただきたいのが、スピンドルの最初の1枚目と最後の1枚が、CDの形をした透明の板であることがあります。これを誤ってプレクストークに挿入してしまうと、本体でディスクが正常に認識出来ない状況となります。

 

 書き込みできないディスクとして認識するのであればまだ良いのですが、CDそのものとして認識されない場合があるようで、中に何も入っていないと勘違いしてしまうこともあるため、取り出しボタンを押しても出てこない場合があるようです。

 

 この透明な板の見分け方として、表面のさわり心地が他のディスクと違ったり、厚みが薄い場合などがありますので、事前に感触を確認しておくと良いでしょう。

 

 ディスクを扱うときは、裏面は触らないように注意しましょう。傷や指紋等汚れが付くと正常に記録できなくなる場合があるからです。CD-Rや、CD-RWは通常のCDに比べて記録面が弱いので布などで拭いても傷が入ってしまいます。

 

 誤ってプレクストークに透明の板を入れてしまって取り出せなくなった場合は、分解修理が必要となりますので、くれぐれも注意いたしましょう。

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち修理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは講習です。

次のカテゴリはスクリーンリーダーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8