2012年6月アーカイブ

今日のお薦め番組

| コメント(0)
 今日は天気も良く、暑いですね。朝の天気予報では、最高気温30度になるとの事でしたが、実際はどれくらいになったのでしょうかね。

 さて、今日はお薦めのテレビ番組をお知らせします。北海道外にお住まいの方は、残念ながら視聴出来ないのですが、NHK総合テレビ 19時30分から放送予定 「盲導犬を育成せよ?遺伝子研究 最前線?」です。

 朝のNHKニュースで軽く紹介されていましたが、盲導犬の数がなかなか増えない事は以前から問題にはなっておりましたが、色々科学的に研究した結果、盲導犬に適している犬の遺伝子配列というものがあるようです。

 詳しく述べてしまうと、番組のおもしろさが半減してしまいますのでこの辺りにしておきますが、この研究の成果で、今以上に盲導犬が育ってくれれば、多くの視覚に障害のある方も助かると思います。

 是非時間のある方、予約する余裕がある方はご覧ください。

先日ドコモから発表されたらくらくスマートフォンの話ではありません
残念ながら押した感のあるタッチパネルを採用しているものの iPhoneのようにvoice overも搭載されておらず 主に高齢者の使用を想定したものだったようです 残念

今日紹介するのは イギリスのシェフィールド・ハラム大学の工業デザインの学生シュクン・サン(Shikun Sun)がデザインした「DrawBraille Mobile Phone

字が浮き出る「点字板」や「フィンガーパッド」によって視覚障害者でも通話したり、音楽を聴いたりが手軽にできるようになっています

電話を横に持って 本体の左半分が 7マスの5段になっている点字ディスプレイ
右半分は4マス?5段に区切られているパッドになっています 脇には点字で何マス目何段目の点字があります

タッチパネルでジェスチャー入力をしてあげると 点字ディスプレイに状況が表示される仕組みです

例えばバッテリー残量もサイド部分の5つの凹凸で表示させることも考えています

ただし

まだこれはコンセプトモデル でもなかなか考えられているものですので実現していくと良いですね

drawbraille_phone6.jpg

その日はカメラマン リポーター そしてもう一人の合計3人で現場に到着をした

「へぇ この山小屋なんだ」そうリポーターの女性が口を開くと 何となく雰囲気がなごんだそうだ

「しかし ここで一晩過ごすと カマを持ったおばあさんが現れて ばばされ と言わないと惨殺されたなんて言うのは どうも信用がおけないな」
カメラマンもそう話しながら その山小屋に入っていった。

季節は秋。夜になると肌寒いというよりは寒いくらいで たまたまあった暖炉にまきをいれ それで暖かさを3人で味わっていた。夜もいい時刻になってきたところで。

「さて、そろそろ寝ようかな。」そうカメラマンがいうと、3人はおのおのの寝袋に入っていった。
そして、山登りの疲れのせいかあっという間に睡魔に襲われ 浅い眠りに入ってった。

どれくらい経っただろう、ふと気が付くと全身が動かないのに気が付いた。
「か、かなしばり・・・」そう感じた瞬間に 天井の梁に何気に目を通すと 大きなカマを持ったお無表情のばあさんがこちらを見下ろしている
「こ、殺される・・・」そう思った瞬間に ある言葉が口に出た「ばばされ ばばされ ばばされ!」
天井に張り付いていたおばあさんは そのままどさっと足元におり 何もなかったように静粛な空気がはりつめる。

チュンチュン 騒がしい雀の鳴き声に 健やかな目覚めが訪れた、昨日の出来事はキット夢だったのだろう。そう脳裏をかすめおもむろに体を持ち上げる
「ねぇねぇ 昨日すごい怖い夢を見ちゃった おばあさんが出てきてさぁ・・・」
そこまで言いかけた時 思わず言葉を失った。

昨日まで一緒に寝ていた カメラマン そしてスタッフ その2人の首が切り落とされていたのだ。

「きゃー 」 そう叫ぶと 震える声で会社の方にすぐざま電話をした。
それから間もなくしてから 警察が来ることになったのだが その時証拠の品として挙げられたのが カメラだった。
再生してみると そこには何もうつっていない天井の映像が流れていたが 急に夜中に「ばばされ ばばされ ばばされ」という声とともに
 どさっ という大きな音が聞こえてきた。
映像はそこまでであった。

つづく

もうじき出そうな、Windows8

| コメント(0)
 次期Windowsである、Windows8の登場は、10月?12月ころという発表があったようです。あと半年後には製品が出回るのでしょう。

 今回はタブレット型PCにも力を入れるようですから、どのような製品が出てくるか、楽しみではあります。

 2月末に発表になった、Consumer Preview版に続き、去る6月1日にはRelease Preview版が公開になりました。そこでとりあえず、自宅のPCにインストールしてみました。

 前回のバージョンである、Consumer Preview版に比べ、見た目の完成度がかなり上がっています。Windows8のウリの1つである、タッチ操作は残念ながら、家のモニタが対応していないので何ともいえませんね。

 操作系は見た目の違いから、なかなかわかりづらいところはありますね。

 発売も近いのでパソコンを買い換えるのを控えようかな、と思うところもあるかもしれませんが、現在販売されたものにはWindows8が1200円でアップグレードできると言う特典がついたパソコンが出始めています。

 PCの性能自体は今のもので十分使えるようなので、そのようなアップグレードサービスのついた、Windows7モデルを購入するというのも手ですね。ちょっとの出費で両方のOSを試すことが出来ますし、PC-TalkerがWindows8に対応するのには若干タイムラグがあると思われますので、良いかもしれません。

 すでにWindows7を使われている方向けにも何らかのサービスを提供するという話もあるので、特別アップグレード版パッケージなどが発売になるかもしれませんね。

 Windows7自体のサポートは2020年までですから、まだまだ使えますが、新しいWindowsも登場が楽しみです。

節電の夏

| コメント(0)
北海道はそれほど影響が大きくないのですが 最近の原発問題で発電量が減って全国的に節電が呼びかけられていますね

これまた北海道での普及率は高くはありませんが 夏の電気がかかる代表としては家庭用エアコンがあります
エアコンは冷媒ガスを電動のコンプレッサーで圧縮することで室外機から放熱する仕組みなのですが この仕組がなかなか電力がかかるのですね

そこで 注目されるのが 昔ながらの扇風機なんです

ただ 扇風機も 今は事情が少しかわってきています
扇風機が1万円以上するものって認識ありますか?そんな高くないイメージですよね

実は昔ながらの扇風機というのは コンセントから来た交流100Vの電気で そのまま交流モーターを回す仕組みで 構造が簡単なのでそれほど高級ではなかったのです
それが最新式の扇風機は 交流100VをACアダプターで一度直流の12Vなどに変換してから直流モーターで羽根を回しているのです

なぜこういうことをするかというと 直流モーターのほうが回り始めの電力消費が少なくて回転制御もしやすいので 電力消費が半分以下になるからなんです
直流になれば コンセントからだけではなくてバッテリーからの電力供給も受けられるので 本州のほうで実施可能性のあるピークシフトと言われる計画停電時でも動かすことができますね。
ただ その分 コストが高くて 買い替えのメリットがなかなか無いので 例えば空気清浄機機能つけたり 回転制御のしやすさで自然の風のようなゆらぎがある風を出せるようにしたり 羽根の枚数を増やして風の均一化したりと工夫されているようです

プルプルプル プルプル けたたましく電話が鳴った

「はい たろうですけど」

そういうと とてもうれしそうな声が 電話口の向こうから聞こえてきた

「見たよ見たよ ばばされの話 なつかしいなぁ」

そういったのは 言わずと知れた 怪談話の好きな ハトからだった

「おもしろかったけど あのお話の続きというか そのお話のでどころってしっているかい?」

「へぇ あのお話の出所ってあるんだ」そう私が答えると 再び嬉しそうに話を続けてきた

「たろう その話を聞いたのは 小学生ではなくて 中学生くらいだろ その当時お昼の3時から 心霊特集っていうのをやっていたのを覚えているかい?」

「あっ そういえばそんなのあったね」

【その心霊特集 いつのまにやら終わっていたけど それ不思議におもわなかった?」

「不思議といえば不思議だけど あまり深くは考えたことなかったよ」

「だろ でもその心霊特集を終わりに追い込んだのが 実は ばばされ のお話なんだよ」

「そうなんだ・・・」といった瞬間に 何やら背筋に寒いものが走ってきた

「聞きたいだろ?」

「う うん」そういうと 今まで嬉しそうに話していたハトの口調が少しだけ神妙になってきた

「それは あの心霊特集スタッフが 青森県のとある山小屋で とんでもない心霊現象が現れたと聞き 現場レポートに出かけた時だった・・・」

つづく

その後のSkyDrive

| コメント(0)
以前ご紹介しました、SkyDrive。

インターネットブラウザを利用して、ファイルをネット上に保存したり、ダウンロードしたりと、仕事場や自宅などでデータをやりとりするのに便利です。

紹介した時に触れました、SkyDriveを便利に使うWindows7、Vista用アプリケーションが公開されております。

このプログラムをインストールすると、コンピュータ内に作られるフォルダとSkyDriveが同期されるので、ファイルを転送するのにいちいちブラウザを立ち上げる必要がなくなります。

つまり、SkyDriveアプリによって作られた同期フォルダに、いつもと同じようにファイルをコピーしたり移動させたりすればいいのです。

仕事場と自宅にこのアプリケーションをインストールして同じLiveIDでログオンすれば、仕事場で作ったファイルが、自宅でも同期されるので、開いたり編集できます。

試しに会社のPCと、仕事用のネットブックで試してみましたが、非常に便利で楽ちんです。

しかし、以前紹介したときは、無料で利用できた容量が25GBだったのですが、現在は7GBと縮小されてしまいました。それでも7GBと言う容量が、インターネット上で無料というのは魅力的です。

ちなみに、以前よりSkyDriveを利用しているユーザーは、手動設定が必要ですが、無料で25GBに拡張する事は出来ますので、まだ設定されていない方はぜひ拡張してみてください。

自宅で東芝のT551というノートパソコンを使っているのですが 仕事から帰ってきて さあmixiでも見ようかな と思ったら表示されません

あれ?おかしいな と一度インターネットエクスプローラーを閉じて開いても同じです
自宅のパソコンは無線LANで接続しているので まず疑ったのは無線ルーター
でも ちゃんと所定のランプは点灯しています
試しにスマートフォンでWi-Fi接続をしてみたら 繋がるではないですか

これはノートパソコンの問題ですね と思って デスクトップのタスクトレーを確認してみたら無線が受信ゼロになってます
あらら と思って まずは再起動してみますが・・・・・状況変わらず

そこで、東芝のネットワーク診断機能を使ってみると「ネットワークケーブルが外れているか・・・」なんて診断結果
さらに調べてみたら ワイヤレスモバイルコミュニケーションスイッチがオフになってませんか? との表示です

リトルスノーで販売しているB351ですと ハード的に無線スイッチなんて無くて 無線LANのオンオフは Fnキー押しながらF8キー押すと切替 なので T551もそうかと思って押してみたら  オフの状態しか無くて ワイヤレスモバイルコミュニケーションスイッチがオフになっています の表示

仕方なく有線LANケーブルを接続して接続するとネット接続できたのでgoogleで説明を検索したら「ワイヤレスモバイルコミュニケーションスイッチは本体側面もしくは前面にあります」とかあるので探してみますが、見当たらず

困った・・・ 故障??
と思って ふと電源ボタンの周辺をみたら 無線LANっぽいマークが光っています
ここ もしかして押す? と触れてみたら  無線オン   !!

治りました・・・・・・・。

だってですね、このスイッチ  無線ONでもOFFでも点灯してるんですよ  しかもタッチスイッチ
誤って触ったらこりゃわかなないよ!!!  と一人夜中怒っていましたが

しっかり「取扱説明書」に説明書いてあるのですね。

はい、基本中の基本  まず買ったら取扱説明書でスイッチの役割確認しましょう・・・・。
いつも講習で説明していることですね。  反省しきりです。

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8